事業内容

これからビジネス応援協会の必要性


フェイスブックやインスタグラム、ツイッターなど、個人が自分発信で情報が広がる時代は、その発信される内容よって集客が急増することもありますよね。
つまり情報を上手く発信できれば、儲かる仕組みに繋がるといえるでしょう。

個人事業主や飲食店などの店舗経営者にとって、SNSの更新は絶対になくてはならないお仕事になっています。こんなにも素敵なお店だから、もっと上手にアピールすればもっと流行るはず。そう思った事ってありませんか?

料理学校を卒業し、パティシエとして5年間修業。その後自分のお店を開業し、美味しいスイーツを販売します。そしてお客さまを飽きさせないため季節ごとの果物に合わせてスイーツを発表し、流行にも敏感で流行っているスイーツにもどんどんチャレンジしていきます。

おわかりでしょうか?
パティシエは飽くなき探求で調理の腕を磨きます。それはとても素晴らしいことです。ところが経営の事はどうでしょうか?
商売は経営が命。経営は物を作って集客して販売して成り立ちます。つまり物を作る技術だけではなく、集客する技術、販売する技術も必要なんです。

パティシエは調理を得意とする人(物を作る人)
接客は接客を得意とする人(物を売る人)
税金は税理士さんに、就労関係は社労士さんに。
そしてwebが得意とする人(集客する人)が必要になります。

このことに気付いた店舗経営者さまは素晴らしいSNSの仕掛けで、いつも行列で流行っているお店のオーナー様でいらっしゃいます。

どんな企業でも、今はweb担当者を配置します。それほど情報を制することが重要になってきているんです。

web担当者が集客のお手伝いをし、素晴らしいアイテムを、最高のおもてなしで売る。

webのお手伝い。それが私たちのお仕事です。